未分類

生命保険の役割とは

「保険に入ってるから大丈夫」「くわしい内容は覚えてないけど大丈夫」といったコメントが数多く聴こえる生命保険は。私達にとっては「とりあえず入っている」なる現実が安心の着地点として捉えられている感が否めません。実際に万一の事態で経済的に助かった体験と感謝を語る声の一方、いざ保険金支給段階になり、本来必要としていた保障内容に遠く及ばぬ、あるいは的外れな保障内容故、焼け石に水から更なる窮地に誘われてしまった事例も潜在的に数多く、適切な加入の重要性が見逃せません。
 
こうした万一の際の「必要と支給のズレ」を防ぐ上で欠かせないのが保険見直しであり、特に生命保険すなわち死亡保険の見直しはタイミングを見極めての定期的な実践が求められます。非常に極端な例として、仮に負担する保険料に糸目をつけず高額な保障金額を確保出来れば、金銭面の不安は軽減されますが、一般的なご家庭でそれは叶わず、何より意味がありません。日常生活に於ける保険料の負担が重荷にならぬ範囲で、最低確実に必要と算出される現在から未来のその時期その時期の保険金額を確認から、それにマッチした有効な保険契約を維持しておかねばなりません。
 
ここでは多く残念な体験談が伝える、有事に際して保険が十分な経済面の援助機能を果たしてくれなかった事例を踏まえ、生命保険の見直しの重要性と、実際の作業に際してスルーしてはならない重要ポイントの再確認作業を、皆さんとご一緒に進めて行きたいと思います。保険見直しは「他の人達が行っているから、何となく自分達も」といった、一過性のムーブメントではありません。