未分類

契約内容の理解が必須

保険見直しとは現在の契約内容が、被保険者あるいはご家族の現在から未来に必要とする保障内容とマッチしているのか否か、そのズレと適切な保障の厚さか否かを確認する作業です。一部信憑性に乏しい匿名の口コミ情報などから「保険代理店に足を運べば無理矢理新たな契約を強要されそうで怖い」などの誤った先入観を抱く声も聴こえますが、これは大きな誤解だと断言出来ます。

生命保険の約款を目にすれば、細かい文字と難解な表現を前に腰が退けてしまって当然ですし、実際に頑張って熟読しても全ての理解は極めて困難です。だからこそ臆せず生命保険の見直しサービスを提供する保険代理店へ足を運び、または訪問してもらい、皆さん目線での説明を受ける事を通じ、まずは現在加入中の生命保険の契約内容を正しく確認から理解する作業が必須なのです。

現在の保障内容が明確に理解出来れば、後は皆さんの現状と重ね合わせる、更には未来を想定から同様の作業を繰り返す事で、皆さんのライフステージすなわち未来に於ける万一の事態に際しての「備え」が確保出来ます。残されたご家族が金銭面で窮する事無く、新生活に臨む態勢を整えての再スタートに対し、一時的に必要となる金額は少なくありません。保険見直し作業の結果要修正と判断された多くの場合、この近未来に想定される状況と保障内容の合致が不十分であるケースが圧倒的です。

未分類

誤った解釈のリスク

保険見直しを経験された不特定多数の方々に対し、ランダムにそのメリットを尋ねた場合、多くの方々が条件反射的に「保険料が下がった」「これで金銭面が楽になった」的な回答を届けるかと思われます。勿論これも当事者からすれば希望が叶った結果に違いありません。何より生命保険の見直しに際しても、限られたテレビコマーシャルや各種誌面あるいはネット上のバナー広告などで、軒並み「保険料抑制」を謳う文言が配信されており、私達の深層心理に擦り込まれている感も否めません。

以下は非常にドライな内容となりますが、保険会社も保険代理店も、自社商品の販売、自社運営の代理店での新規契約取得が企業として不可欠ですし、そのためには不特定多数のエンドユーザーに生命保険に興味を抱いてもらう作業が欠かせません

「保険の見直しで保険料が下がる」なるワンフレーズは、この販売する側の意図を最も簡潔的確に消費者に伝える力を有している事に異論は見当たりません。生命保険の見直しを誘う宣伝文句はあくまで「導入」であり、結果保険料が安くなった事で目的達成ではありません。こうした間違った解釈から的外れな方向へと契約内容を安易に変更するのは非常に危険です。

未分類

見直しが必要な理由

多くの生命保険には契約更新すなわち満期を迎えるタイミングが存在します。同一内容を継続しての更新に際しては、専門用語で保険年齢と称する被保険者の年齢に応じ、保険料が増額されます。

各保険会社からはこの時期が近づけば、更新時期の案内に含め、保険料増額を視野に入れた、他のプランへの変更を提案する、保険業界では設計書と称される書類が届けられるケースが大半です。ここで多くの方々は保険料増額にばかり視線が向いてしまい、無造作に大切な保障内容を削り落とす選択肢に意識が傾いてしまいがちですが、これは大変危険かつ誤った判断です。

一方的に届けられた限られた資料だけに基づき、辛口の表現を用いれば素人判断だけで保障内容に手を加えてしまう行為はお薦め出来ません。こうした場面でこそ保険の見直し作業を通じ、皆さんの金銭的負担を出来る限り現状維持した上での「有事の安心の確保」に努めるべきなのです。

保険代理店の窓口を訪ね、手元の資料に基づき、皆さんの希望と譲れない条件面などを伝えれば、担当者が全てを満たせずとも、最大限ご希望に沿った上で的確な保障の確保が可能なプランを、皆さんと一緒に考える作業に尽力してくれます。これこそが本来の保険見直しであり、この作業の必要性が声高に謳われる理由なのです。

未分類

生命保険の役割とは

「保険に入ってるから大丈夫」「くわしい内容は覚えてないけど大丈夫」といったコメントが数多く聴こえる生命保険。私達にとっては「とりあえず入っている」など現実が安心の着地点として捉えられている感が否めません。実際に万一の事態で経済的に助かった体験と感謝を語る声の一方、いざ保険金支給段階になり、本来必要としていた保障内容に遠く及ばぬ、あるいは的外れな保障内容故、焼け石に水から更なる窮地に誘われてしまった事例も潜在的に数多く、適切な加入の重要性が見逃せません

こうした万一の際の「必要と支給のズレ」を防ぐ上で欠かせないのが保険見直しであり、特に生命保険すなわち死亡保険の見直しはタイミングを見極めての定期的な実践が求められます。非常に極端な例として、仮に負担する保険料に糸目をつけず高額な保障金額を確保出来れば、金銭面の不安は軽減されますが、一般的なご家庭でそれは叶わず、何より意味がありません。日常生活に於ける保険料の負担が重荷にならぬ範囲で、最低確実に必要と算出される現在から未来のその時期その時期の保険金額を確認から、それにマッチした有効な保険契約を維持しておかねばなりません。

ここでは多く残念な体験談が伝える、有事に際して保険が十分な経済面の援助機能を果たしてくれなかった事例を踏まえ、生命保険の見直しの重要性と、実際の作業に際してスルーしてはならない重要ポイントの再確認作業を、皆さんとご一緒に進めて行きたいと思います。保険見直しは「他の人達が行っているから、何となく自分達も」といった、一過性のムーブメントではありません。