見直しが必要な理由

多くの生命保険には契約更新すなわち満期を迎えるタイミングが存在します。同一内容を継続しての更新に際しては、専門用語で保険年齢と称する被保険者の年齢に応じ、保険料が増額されます。
各保険会社からはこの時期が近づけば、更新時期の案内に含め、保険料増額を視野に入れた、他のプランへの変更を提案する、保険業界では設計書と称される書類が届けられるケースが大半です。ここで多くの方々は保険料増額にばかり視線が向いてしまい、無造作に大切な保障内容を削り落とす選択肢に意識が傾いてしまいがちですが、これは大変危険かつ誤った判断です。
 
一方的に届けられた限られた資料だけに基づき、辛口の表現を用いれば素人判断だけで保障内容に手を加えてしまう行為はお薦め出来ません。こうした場面でこそ保険の見直し作業を通じ、皆さんの金銭的負担を出来る限り現状維持した上での「有事の安心の確保」に努めるべきなのです。
 
保険代理店の窓口を訪ね、手元の資料に基づき、皆さんの希望と譲れない条件面などを伝えれば、担当者が全てを満たせずとも、最大限ご希望に沿った上で的確な保障の確保が可能なプランを、皆さんと一緒に考える作業に尽力してくれます。これこそが本来の保険見直しであり、この作業の必要性が声高に謳われる理由なのです。